September 2014





2014.9.3(wed)
GOONS

2014.9.4(thu)
MADE DAY MAIDER
-DJ TETSU 20th Anniversary-

2014.9.5(fri)
Pig out!! feat. Stand Bar300

2014.9.6(sat)
FLAGSHIP

2014.9.7(sun)
MAX NIGHT

2014.9.8(mon)
Be

2014.9.9(tue)
Inner space presents "ROCK IN SPACE"

STONES THROW JAPAN TOUR 2013 in NAGOYA
J.Rocc & Karriem Riggins
2013.8.10(sat)


SPECIAL DJ: J.ROCC from LA(Stones Throw/Beat Junkies)
DRUM LIVE SET: KARRIEM RIGGINS from Detroit (Stones Throw)

DJ:JAGUAR P.(AUDI.),DJ ISHIURA(Q.B.C),DJ UJI(音韻王者REC.),DJ SHOT (MdM),DJ too-shit (STUSSY)
MASCHINE LIVE:RAMZA(MdM)

HIP HOP
ADV. 3000YEN, DOOR 3500YEN

西海岸を代表する名門ヒップホップ・レーベルが贈る、DJ + LIVEのジャパンツアーエクスクルーシブなスペシャルイベント!!

実力派アーティストを次々とに送り込んできた、西海岸を代表するレーベルSTONES THROW。今回は二人のビッグアクトがジャパンツアー限定のスペシャルなコラボ出演で登場! L.A./カリフォルニアから、ダイナミックでファンキーなパフォーマンスで世界中に熱狂的なファンを持つワールド・ベストDJ: J.ロック。そしてデトロイトから、ポールマッカートニーなどと共演する一流ドラマーでありながら、コモンやエリカバドゥなどの楽曲も手掛け、同郷J・ディラの唯一のパートナーでもあったヒップホップ・プロデューサー: カリーム・リギンスが、ドラムとMPCを駆使したライブセットを日本で初披露!さらには、このワールドクラスのターンテーブリストとドラマーのライブセッションが、今回日本のツアーエクスクルーシブで披露される!一夜限りの伝説的な夜になること間違いなし!


  



[ J.ROCC from LA(Stones Throw/Beat Junkies) ]

南カリフォリニアが生んだレジェンドDJ: J・ロック、またの名をファンキー・プレジデント。ダイナミックでファンキーなパフォーマンスで世界中に熱狂的なファンを持つワールド・ベストDJ。92年にターンテーブリスト集団ビート・ジャンキーズを立ち上げ、 97年、98年に渡ってITFワールドチャンピオンに輝く。その後、ラジオや数多くのミックス作品のリリースで高い評価を得ると共に、ドキュメンタリー・フィルム『Keepintime』『Brazilintime』『Secondhand Sureshots』等、西海岸を代表する様々なプロジェクトにも参加し、地元ロサンゼルスの活気があるクリエイティブな音楽シーンでは常にキーパーソンとなっている。
00年からStones Throwのクルーに加入後、マッドリブやジェイリブなどのレーベル所属アーティストのライブDJとしての活動なども行い、レーベルでも守護神的な役割を果たしている。音楽への貪欲な探究心から積極的に幅広いジャンルを吸収し、ターンテーブリストとしてのスキルと、ヒップホップをバックグラウンドに持ったクロスオーバー・スタイルな選曲が組み合わされ、正にワン・アンド・オンリーなオリジナルDJスタイルを確立している。
2011年にはオリジナル・アルバム『Some Cold Rock Stuf』をリリースし、ビートメイキング/サンプリングカルチャーにも多大なる影響を及ぼす。現在は、USやヨーロッパでのプレイも頻繁に行いながら、ブラックスター (モスデフ/ヤシンベイ + タリブクウェリ) のライブDJとしても活動している。




[ KARRIEM RIGGINS from Detroit (Stones Throw) ]

デトロイトを拠点に様々な一流アーティストと共演してきたドラマー、そして同時にヒップホップ・プロデューサーという二つの顔を持つ唯一無二の存在: カリーム・リギンス。 過去にハービー・ハンコック、ドナルド・バード、オスカー・ピーターソン等、数多くの伝説的アーティスト達とライブやレコーディングで関わり、 現在はポール・マッカートニーやダイアナ・クラールのライブバンドメンバーである。昨年2012年にはグラミー賞授賞式でもポール・マッカートニーのバックバンドとしても出演を果たした。一方、コモンやエリカ・バドゥ、スラムヴィレッジ、ルーツ、ドウェレ等数多くのヒップホップやR&Bアーティスト達のプロデュースも手掛け、 同郷の故J・ディラと長く制作を共にしてきた唯一のパートナーでもある。マッドリブともユニット・プロジェクト: シュプリーム・チームを組み、ジャズプロジェクト: YNQのアルバムなどでも共作している。
2012年には、カリームのソロ名義では初のフルアルバムとなる『Alone Together』をから待望のリリース。デトロイト直系のディープなヒップホップ・ビートから、直球のジャズ・トラックやソウル、エレクトロニカ、ロック、ブラジルの音楽要素も含まれ、 ドラマー/ヒップホップ・プロデューサーとしての長年の活動の結晶となったインストルメンタル・アルバムとなった。今回のソロ名義の初来日ツアーでは、ドラムとMASCHINEを駆使したライブセットが初披露される。また、レジェンド・ターンテーブリスト: J・ロックとの日本ツアー限定のライブセッション も披露されることが決定している。