October 2018





2018.10.24(wed)
TBA

2018.10.25(thu)
SEEDS thursday session

2018.10.26(fri)
yignight

2018.10.27(sat)
The Absolute Halloween

2018.10.28(sun)
UMB 2018 愛知予選

2018.10.29(mon)
月東宴

2018.10.30(tue)
どう頑張ってもBPMが170を下回らないアニクラ。

MADE DAY MAIDER
C.O.S.A. “Girl Queen” Release Party”
2017.9.8(fri) 22:00


GUEST: JJJ, DJ CH.O
RELEASE LIVE: C.O.S.A.
CAST: DJ TETSU, COVAN, NERO IMAI, RAMZA, TAKANOME, MIKUMARI, NUTSMAN, DJ RISE, SHOBBIECONZ, CAMPANELLA

HIPHOP
DOOR. 3000YEN 1D



昨夏、KID FRESINOとのWネームアルバム「Somewhere」をリリースしたC.O.S.A.の待望のソロ作品が満を持してリリースされる。Somewhereのリリース後の勢いそのままにソロでの活動に邁進。週末は全国各地にて、その圧倒的なライブ力で歓声と喝采を浴び続けている。今作は、今や入手困難となってしまった名盤「Chiryu-Yonkers」以来のソロ作品であり、またここからが始まりであると指し示す名刺である。ラップミュージックの可能性を各々が追求していけるであろう1枚だ。
                   
プロデュースには4月にアルバムをリリースして話題を呼んでいる同胞のRAMZA、日本のHIPHOP重要作品には欠かせないビートメイカーGradis Nice、そして自ら手がけたトラックに加え、A$AP ROCKY等に楽曲提供を行っているV DonをSomewhereに引き続き起用。更にはKOHHのトラックを数多く手がける理貴、KID FREISINOとの作品でおなじみのArμ-2プロデュースの表題曲を収録。人々の胸を打つリリシズムで、一度観たものを虜にするC.O.S.A.。同業者から手放しで称賛されるプロップスの高さもこの作品で伝わるはずだ。